センタースピーカー断念か・・・
TVラックをスタンドに変更した事でセンタースピーカーの位置が若干下がった点と、スタンド付属の薄い棚の上にセンタースピーカーを配置することになった事が障壁となり、若干だが以前より音質が軽く安っぽくなってしまっていた。


        下


センタースピーカー無し(ファントムセンター)の音場補正プログラムを作成して試してみているが、今使用しているアンプの処理ならショボいセンタースピーカーを無理して使うより、ファントムセンターの方がフロントスピーカー(805SD)による音源に忠実で繊細かつダイナミックな音質が得られると判明・・・
更に定位もばっちりで言うことなし。

高性能な805SDをより有効に使えることにもなるし、ネガティブな要素はアンプが一個余って勿体ないと感じるぐらい(笑)

本格的なホームシアターでスクリーンが高い位置にあればセンタースピーカーの位置も上げることができるが、TVベースでは無理があり、センタースピーカーのグレードを上げるなどの投資は無駄だと結論付けることにする・・・


---------------後日---------------------------------------

当日はそうだったが、昨夜(9/3)はセンタースピーカー有りが確実に良かった。
ONKYO D-309XCは安価なのに良い、素晴らしい。

客観的事実は存在しないとはこういうことだな。
アウトラインは共有できるが細かいニュアンスは人それぞれ。
同一人物であっても体調や気分で変わる。

結局のところ、ケースバイケースでハードセンターをON-OFFするのがよさそうだ。

アンプのデジタル処理で簡単に切り替えられるのもAVアンプならではで、プアオーディオではあり得ない世界(笑)

フロントの805SDはオーバースペックなんで、いっそKEFでフロント・センターを揃えようかな・・・
| 週末の風景 | 20:48 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   09 - 2020   >>
SEARCH
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES