TP-LINK いいね!
ラズパイルーターのLAN側に充てているUSBイーサネットアダプタを、消費電力の大きいASIX AX88772(BUFFALO LUA3-U2-ATX)から、Realtek R8152(PLANEX USB-LAN100R)に変更したばかりだが、PLANEX USB-LAN100Rは24時間で故障してしまった・・・

おかげで、らじるらじるの録音が中断してしまい、被害を被った。

PLANEXのこの手の製品は、ハーネスの断線が多い模様。
価格の割に品質に問題がある。

そこで振り出しに戻り、
Wi-Fi USBドングルでTP-Linkが気に入っていたので、同じRTL8152Bベースの TP-Link UE200 (990円)を購入してみた。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01GNP5UUA/


昨日帰宅後、早速 BUFFALO LUA3-U2-ATX と交換。

LAN側は無線LANとVPNとUSBイーサネットをローカルブリッジで繋いでいるので、無線LAN側から入ればリブートしないで交換できる。
ラズパイとはいえ歴としたUNIXマシンである。
UNIXのネットワークは落とさないことも重要(笑)



メーカーサイトによると、UE200のコントローラーはRTL8152Bと謳っているのだが、どうやらオリジナルの互換チップである模様で'cdc_ether' として認識される。

usb 1-1.5: new high-speed USB device number 6 using dwc_otg
usb 1-1.5: New USB device found, idVendor=2357, idProduct=0602
usb 1-1.5: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
usb 1-1.5: Product: USB 10/100 LAN
usb 1-1.5: Manufacturer: TP-LINK
usb 1-1.5: SerialNumber: 8416F91B2E67
cdc_ether 1-1.5:2.0 eth1: register 'cdc_ether' at usb-3f980000.usb-1.5, CDC Ethernet Device, 84:16:f9:1b:2e:67
usbcore: registered new interface driver cdc_ether

無線LAN機器世界トップシェアを誇るだけあって、LSIも自社生産!?

いずれにせよ、発熱も低く、低い消費電力もRTL8152Bと遜色ないと思われ、良い選択だったと思う。

デザインも品質も良い感じだし、その上低い価格設定。

TP-LINK、相当気に入ったかも!





| Raspberry Pi | 17:52 | comments (0) | trackback (0) |
大自己満足(笑)
せっかくの穏やかな晴天なのに、道路に塩が撒いてあったおかげて戻ってしまったので、仕方なくラズパイルーターの仕上げ・・・




まず、Wi-Fi USBドングルをTL-WN725N(695円)から、TL-WN823N(980円)に変更。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0088TKTY2/

かなりパワーアップし、どの部屋にいても54Mbps以上のリンク速度に。

それに、デバイスドライバも正式にマージされたものが使え、安定性も向上。 ケチらず最初からこうすべきだった(笑)

今回選定した、Wi-Fi USBドングルのメーカー、TP-Linkは中華企業なんだが、相当な技術力だと判った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/TP-LINK_Technologies

国内メーカーの同等品は消費電力ばかり大きくて使い物にならんらしく、最初から除外してしまった・・・頑張ってくれ。


話を戻して、Wi-Fi USBドングル変更に加え、USBイーサネットアダプタを消費電力の大きいASIX AX88772(BUFFALO LUA3-U2-ATX 1090円)からRealtek R8152(PLANEX USB-LAN100R 1200円)に変更。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LVH885U/

ラズパイ本体の消費電力は1.5W程度なのに、以前はアダプタだけで約1Wも食っており、ヒートシンク代わりに金属のアングルを下に敷いていたが、今では触っても冷たい程。

もちろん、通信速度など性能は変わらず。

細々したものを追加で買ったりしているし、結構ムダ金を費やしているが、糞つまらない市販ルーターから解放されることを考えると安いもんだ。

何しろ、2W以下の低消費電力で、IPsec VPN サーバーや Wi-Fiアクセスポイント(IEEE802.11n)がオールインワンなんだから。

大自己満足だ(笑)




| Raspberry Pi | 15:56 | comments (0) | trackback (0) |
ラズパイルーターはPi2でFIX
勿体無いことに、市販ルーター(MR-OPT100EとかAterm1800)みたいな既製品はつまらないので、箱に詰めて仕舞い込んでしまった・・・
2,3年で腐るかな・・・

ところで、Pi3でまた新事実を発見・・・

Pi3にWi-Fi USBドングル(RTL871X)を取り付けて、Pi2ルーターのシステムカードで起動したら、eth0(smsc9512)と一緒にwlan0をブリッジした状態でも「smsc95xx 1-1.1:1.0 eth0: kevent 0 may have been dropped」の異常が発生しない。

今日は、ルーターがその構成のPi3だが、通信速度はPi2と変わらず、VPNでの登り方向で速度計測した場合もPi2と同様に詰まる感じ。

どうやら、オンボードNICをWAN側に充てた方がスムーズな模様。 Pi3の処理能力余裕度は無関係だった。

いずれにしても、手前の遅いVDSL環境では、Pi2ルーターでもPi3ルーターでも差が無いので、より消費電力の低いPi2でFIXすることにする。
但し、WAN側とLAN側のNICは入れ替え。

Pi3のオンボードWi-Fiは、まともには使えないということだけは結論として残る(笑)
Pi3は、その処理能力を生かせる別の用途を考えた方が良い。

ちなみに、RTL871X(with 8188eu.ko)はリンク速度65Mbpsしかないが、それで十分なのだ。

所詮要らないNET環境に、ギガのサービスなんて無意味だ(笑)





| Raspberry Pi | 12:53 | comments (0) | trackback (0) |
結局 Pi2
Raspberry Pi3によるWi-Fi AP付PPPoEルーター構築 の続き・・・

Pi3の固定NICの誤動作(smsc95xx 1-1.1:1.0 eth0: kevent 0 may have been dropped)がどうしても腑に落ちず、Pi2にUSBドングルを付けて試してみた。

コスト最優先で、安価なTP-LinkのTL-WN725N(rtl8712)を選定して試したところ、案の定eth0(SMSC9512)と一緒にブリッジしても全く問題ない上、通信速度もPi3より安定している・・・

やはり、Pi3のオンボードWi-Fiは何か問題が有るのかも・・・

Pi2はPi3よりもかなり消費電力が低いし、Wi-Fi USBドングルはアクセスランプ付で視認性も良いし、ラズパイルーターは結局Pi2に戻ってしまった(笑)



TL-WN725Nは700円程度で買える上、作りも良いし素晴らしい製品だ。
消費電力も低い模様で、全く熱を持たない。

デバイスドライバ(r8188eu.ko)はカーネルモジュールとしてはまだ正式にマージされておらず、stagingな状況だが、全く問題なく安定している。
感激した。

TP-Link 11n対応 11g/b 無線LAN子機 親機-子機デュアルモード対応モデル TL-WN725N
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008IFXQFU/







| Raspberry Pi | 15:27 | comments (0) | trackback (0) |
Raspberry Pi3によるWi-Fi AP付PPPoEルーター構築
Raspberry Pi3による無線LANアクセスポイント付PPPoEルーター構築の件、 eth0のハング対策 の続きで結構悩んだが、単にWAN側とLAN側のNICを入れ替えただけで、ラズパイの固定NICの誤動作(smsc95xx 1-1.1:1.0 eth0: kevent 0 may have been dropped)が解消し、昨夜からルーターのRPiをPi2からPi3に替えた。

基本、 Pi2のルーター に、hostapdを追加しただけ。
(詳細は Raspberry PiによるWi-Fi AP付PPPoEルーター構成 の記事を参照。)

但し、ラズパイの固定NIC(smsc95xx)とhostapdのwlan0を一緒にローカルブリッジに接続すると冒頭に記載の問題が発生する為、以下の通りブリッジ接続するNICをeth0(smsc95xx)からeth1(asix)に変更した。

・br0 に、 eth1、tap_vpn、wlan0 をブリッジ接続。

NICを入れ替えただけで、嘘の様にトラブルが解消され嬉しいが、やはり、smsc95xxの改善を期待したい。
(smsc95xxが悪いとは言い切れないが;)


その後は概ね快調だが、Piでは乱数のエントロピーが不足し、無線LANが極端に遅い場合がある模様・・・
cat /proc/sys/kernel/random/entropy_avail 807 ← これを1000以上にしたい。

実際、まれに200~300kbpsで繋がる場合が・・・その場合は、再接続しているが・・・
追加パッケージ「rng-tools」を入れて、チップセットのハードウエア乱数発生器(bcm2708_rng)を使うのがよさそう。

あと、Pi2の時と同じアンダークロック条件、arm_freq=600 gpu_freq=200 sdram_freq=200 で動かしてるが、室温15.8℃でCPU温度が43℃もある・・・
Pi2の時は35℃程度だったから、8℃ぐらい熱い。
夏場は60℃前後で常用か・・・

----------------------- 補足 --------------------------
・ケースは外観でPi3を識別できる様、ゴールドにした(笑)



しかし・・・
消費電力の割に優位性が認められなかったので、 結局 Pi2 に戻ってしまった。

Raspberry PiによるWi-Fi AP付PPPoEルーター構成 の内容にてFIX。


| Raspberry Pi | 13:19 | comments (0) | trackback (0) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   01 - 2017   >>
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES